> > 省エネ法・温対法の報告がネットで提出可能に 簡単な間違いも自動チェック

省エネ法・温対法の報告がネットで提出可能に 簡単な間違いも自動チェック

 印刷 記事を保存

政府は、温室効果ガスの種類に三ふっ化窒素を追加するなどした温対法の改正および改正施行令の施行、ならびに「省エネ法・温対法電子報告システム」を新たに稼働することを踏まえ、「温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令」等を一部改正し、5月22日に公布・施行した。

温室効果ガス算定排出量等の報告等に関する命令の一部改正により、同日から、IDとパスワードを利用して国への温室効果ガス排出量の報告等を行うことができる「省エネ法・温対法電子報告システム」を稼働した。

「省エネ法・温対法電子報告システム」とは、省エネ法(エネルギーの使用の合理化等に関する法律)、温対法(地球温暖化対策の推進に関する法律)に関する各種報告書等の書類を受け付けることのできる全省庁共通の電子報告システム。

提出先の窓口に出向くことなく報告書等を複数省庁へ同時に提出することができる、報告書の提出前にエラーの有無をチェックすることができる等のメリットがある。政府は電子報告の積極的な利用を呼び掛けている。

(※全文:1,943文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.