> > 湖や沼の水質浄化技術、「環境省お墨付き」が欲しい企業募集

湖や沼の水質浄化技術、「環境省お墨付き」が欲しい企業募集

記事を保存
湖や沼の水質浄化技術、「環境省お墨付き」が欲しい企業募集

環境省は、「平成27年度 環境技術実証事業」のうち、湖沼等の水質浄化技術分野における実証対象技術を募集する。

今回対象となる技術は、閉鎖性水域において汚濁物質(有機物や栄養塩類等)や藻類の除去・透明度の向上・底泥からの溶出抑制を達成する技術やその他の水質浄化や水環境の向上に役立つ技術。この技術を保有する民間企業が募集対象者となる。

募集期間は2015年5月25日(月)~11月30日(月)。応募先は、実施主体である実証機関、一般社団法人埼玉県環境検査研究協会。

なお、今回募集対象となる技術は、開発中の技術ではなく商業化段階にある技術であり、過去に公的資金(国費等)による類似実証等が行われていない技術であることが条件である。

環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら普及が進んでいない先進的な環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術の普及を促進し、環境保全と地域の環境産業の発展を図ることを目的している。

平成26年度の実証対象技術の募集では、2件の申請があり、両事業とも採択された。採択された事業は、エディプラス(埼玉県)の環境配慮型撹拌装置「エムレボ エムレボエア」と竹村製作所の促進酸化水処理システム。採択された事業は実証試験計画を策定した後、実証試験を順次実施し、年度末までに実証試験結果報告書をとりまとめ、公表される予定。

【参考】
環境省 - 平成27年度環境技術実証事業(湖沼等水質浄化技術分野)における実証対象技術の募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.