> > 湿気に強いLED照明×植物工場 大成建設とスタンレー電気が商品化

湿気に強いLED照明×植物工場 大成建設とスタンレー電気が商品化

 印刷 記事を保存

大成建設とスタンレー電気は、蛍光灯方式の植物工場ユニットと比較し、消費電力を約64%削減できる「超省エネタイプの次世代型LED植物工場ユニット」を開発した。

この「次世代型LED植物工場ユニット」は、スタンレー電気が自動車用ランプ等で培ってきた配光・防水技術をもとに、新たに開発した植物工場専用LEDを用いている。防水性に優れ湿気にも強く、蛍光灯方式に比べて消費電力を約64%削減することが可能である。消費電力を約64%削減とは、植物の育成に必要な光量を得るために同照度に合わせた場合の蛍光灯方式とLED方式での単位面積当たり消費電力量を実測し、照明電気代として比較したもの。

(※全文:672文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.