> > 地熱発電などの開発、「地元の理解促進」に経産省が補助金 2次公募も開始

地熱発電などの開発、「地元の理解促進」に経産省が補助金 2次公募も開始

記事を保存
地熱発電などの開発、「地元の理解促進」に経産省が補助金 2次公募も開始

経済産業省は、地熱開発理解促進関連事業の一次公募について、全28件の事業の採択をし、公式ウェブサイト上にて発表した。

今回採択された28事業の詳細は以下の通り。

北海道経済産業局から10件、東北経済産業局から7件、関東経済産業局から2件、中部経済産業局から2件、中部経済産業局電力・ガス事業部北陸支局から2件、中国経済産業局から1件、九州経済産業局から4件。

採択された授業の多くは、事業者が地熱発電事業を実施するにあたり(もしくは既に実施している上で)、周辺住民に対して地熱発電に関する勉強会の開催や先進地視察を実施し、その成果を地域で広く共有することによって、地域における地熱に対する理解を促進するというものであった。

それ以外に、岩手県八幡平市で実施される企業組合八幡平地熱活用プロジェクトの事業では、地熱を活用したハウス栽培について、ワークショップや勉強会の開催を行い、最適な農作物等の検討・消費者ニーズの把握を行う。そして勉強会での検討結果を踏まえて、地熱を活用した農業ハウスの概略設計等実現可能性調査を行い、周辺地域の地熱開発に対する理解促進を図るというもの。

また、大分県由布市では、ハーブガーデンが発電後の熱水を活用した農業ハウスを設置して花卉栽培事業(ハーブ園)を行うとともに、発電後の熱水を活用した足湯等を整備なども実施する。

「地熱開発理解促進関連事業」とは、地熱資源開発の推進を図るため、地方公共団体や温泉事業者等が地熱の有効利用等を通じて地域住民への開発に対する理解を促進することを目的として行う事業を、経産省が補助金等によって支援するもの。

なお、今回の採択に併せて同事業の二次公募が行われる。募集期間は2015年5月29日(金)~6月30日(火)まで。

【参考】
経済産業省 - 平成27年度地熱開発理解促進関連事業支援補助金の採択をします~全28事業を採択~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.