> > 兵庫県、小水力発電の調査や設計に補助金 団体や自治体が応募可能

兵庫県、小水力発電の調査や設計に補助金 団体や自治体が応募可能

記事を保存

兵庫県では、小水力発電の収益を活用し地域活性化を目指す団体や自治体に、事業化の経費に補助金を交付する。事業名は、「平成27年度住民協働による小水力発電復活プロジェクト推進事業」。

同事業では、兵庫県内で行う小水力発電事業(定格出力1,000kW以下)の立ち上げ時の取り組みや、事前の基本調査・概略設計などの経費を支援する。公募および、補助額の概要は下記の通り。

立ち上げ時の取組支援は30万円

募集期間は2015年から6月30日まで。小水力発電の事業化検討に必要な立ち上げ時の取組み(勉強会、現地指導、先進地視察など)を支援。補助限度額は30万円。採択団体の決定は7月中旬の予定。

基本調査・概略設計などは500万円

募集期間は2015年8月31日まで。小水力発電の事業化に必要な基本調査・概略設計(流況調査、測量調査、既存設備 劣化診断、地質調査など)に対して補助。補助率は1/2で、500万円を上限とする。採択団体は、10月中旬のヒアリング審査(要出席)を経て10月中に決定する。

募集対象は、同県内で小水力発電による地域活性化を推進する地域団体・市町。補助対象事業の実施期間は、補助金交付決定後から2016年2月29日まで。

また、申請するにあたって、「平成27年度兵庫県農政環境部補助金交付要綱」を確認すること、他団体から補助金を受けている(予定含む)場合は、その補助金の申請書など内容の分かる書類を添付することが必要だ。

また、補助金の交付は、1団体1回までだが、同一団体が「立ち上げ時の取組支援」および「基本調査・概略設計等補助」の両補助金の交付を受けることは可能。

補助金額は、審査結果および予算により減額する場合がある。公募説明会は、6月中に神戸(8日)、宝塚(9日)、但馬(10日)、姫路(12日)、淡路(16日)の5ヶ所で開催される予定だ。

また、ひょうご環境創造協会が運営する「再生可能エネルギー相談支援センター」 では、小水力発電設備等の導入に関する現地調査や相談を無料で実施している。同県内の再生可能エネルギーは、太陽光発電が9割以上を占める。一方、小水力発電は安定した発電量や収益は見込めるが、事業化までのステップが多く、導入コストが高額なため導入が進みづらい状況であり、同県は同補助制度を設けている。

【参考】
兵庫県 - 住民協働による小水力発電復活プロジェクト推進事業の募集開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.