> > 安倍首相がG7で表明、「野心的な目標」 2030年に温室効果ガスを26%削減

安倍首相がG7で表明、「野心的な目標」 2030年に温室効果ガスを26%削減

 印刷 記事を保存

政府は2日、地球温暖化対策推進本部を開催し、「2030年度の温室効果ガスの排出量を26%削減する」という温室効果ガス削減の目標(約束草案)案を了承した。今月開催される主要7カ国首脳会議(G7サミット)で、安倍首相が表明する。

今後は、パブリックコメント等の手続きを経て、7月中下旬にも約束草案を国連に提出する予定。

安倍首相は、2030年度の温室効果ガス削減の目標について、「国際的に遜色のない野心的な目標をまとめることができた。これは、無責任な、根拠なき『数字』ではなく、具体的な対策や技術の裏付けを伴うものである」、「G7サミットでは、私から、温室効果ガスの野心的な削減目標についての、日本の考え方をしっかりと説明したい」と述べた。

(※全文:832文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.