> > 日本気象協会の「太陽光発電量の経年変動解析サービス」、パワーアップ

日本気象協会の「太陽光発電量の経年変動解析サービス」、パワーアップ

 印刷 記事を保存

日本気象協会の環境・エネルギー事業部は、太陽エネルギー事業において2013年から提供している「太陽光発電量の経年変動解析サービス」を拡充したと発した。

今回拡充された同サービスは、2011年から2014年までの最新のデータを加えた過去30年間の解析データを用い、近年の日射量の特性を踏まえ、太陽光発電事業導入のための情報提供を行うもの。

太陽光発電は天候による影響を受けやすいことから、太陽光発電システムの導入前に、どの程度の発電量が期待できるのかを把握する必要性が一層高まっている。特にメガソーラー建設の事業採算性や事業実施リスクなどを評価する場合、平均的に期待される発電量だけでなく、年によってどの程度発電量が変動するかを把握することが重要だ。

これらをふまえ、同サービスでは、メガソーラー建設予定地点の太陽光発電量変動を解析し、日射量と発電量の30年間の平均値、最大値・最小値、標準偏差、出現頻度、超過確率など、リスク評価に不可欠な各種統計情報を提供する。

具体的な解析メニューは下記の通り。

(※全文:1,058文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.