> > 海外の未利用エネルギーで水素を製造・貯蔵、日本へ輸送する技術とは

海外の未利用エネルギーで水素を製造・貯蔵、日本へ輸送する技術とは

記事を保存
海外の未利用エネルギーで水素を製造・貯蔵、日本へ輸送する技術とは

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、海外の未利用エネルギーを利用して水素を製造・貯蔵・輸送し、日本国内で利用する大規模な水素エネルギー利用システムの技術開発プロジェクトを開始する。これに伴い、採択テーマと助成予定先を発表した。

このプロジェクトは「水素社会構築技術開発事業/大規模水素エネルギー利用技術開発」として行われるもの。クリーンな水素エネルギーの利用を大幅に拡大し、本格的な水素社会の実現を図るため、海外の未利用エネルギーによる水素製造、液化水素輸送などの大規模水素サプライチェーン構築のための技術、水素を燃料とした発電システム技術の開発を行う。これは海外でも例のない世界に先駆けた技術開発。事業期間は2015年度から2020年度まで。

2020年に豪州など海外から日本へ水素を輸送し、水素発電などで利用するシステムを実証することで、2030年頃に商業ベースで大規模な水素エネルギー利用システムの確立を目指す。採択テーマと助成予定先は以下の通り。

未利用エネルギー由来水素サプライチェーン構築

未利用褐炭由来水素大規模海上輸送サプライチェーン構築実証事業

豪州の未利用エネルギーである褐炭を用いて水素を製造し、貯蔵・輸送・利用までが一体となった液化水素サプライチェーンの構築を目指す。その実現のために、チェーンを構成する技術のうち、(1)褐炭ガス化技術、(2)液化水素の長距離大量輸送技術、(3)液化水素荷役技術の研究開発を実施する。

  • 助成予定先
    川崎重工業、岩谷産業、電源開発

有機ケミカルハイドライド法による未利用エネルギー由来水素サプライチェーン実証

未利用資源から製造した水素を、有機ケミカルハイドライド法により消費地まで輸送し、需要家に対し水素を供給するサプライチェーンの構築を目指す。全体を第1期(約2年)と第2期(約4年)に分け、第1期においては水素サプライチェーンの運用に必要な基盤技術の検証のために、スケールアップ検討、触媒の耐久性検討、総合運用の検討などを実施する。第2期の実施内容については、その検討結果を踏まえて決定する予定。

水素エネルギー利用システム開発

水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業

水素を燃料とする1MW級ガスタービンを有する発電設備(水素CGS)を用いて、地域レベルでの「電気」「熱」のエネルギー効率利用を目指す新エネルギーシステム(統合型EMS)の技術開発・実証を行う。水素・天然ガス混焼ガスタービンの燃焼安定性の検証、双方向蒸気融通技術の確立、統合型EMSの経済的運用モデルの確立に取り組む。

低炭素社会実現に向けた水素・天然ガス混焼ガスタービン発電設備の研究開発

既存の発電所に適用可能な天然ガス・水素混焼ガスタービンの燃焼器の研究開発を行い、水素混焼プラントの基本設計を確立する。安定的な天然ガス・水素混焼運転のために、燃焼解析の高度化、要素試験、単缶燃焼器実圧燃焼試験などに取り組み、機器の改良設計・シミュレーション、水素混焼プラントの基本設計を行う。

  • 助成予定先
    三菱日立パワーシステムズ、三菱重工業

【参考】
NEDO - 世界に先駆け大規模水素エネルギー利用システムの技術開発に着手
NEDO - 「水素社会構築技術開発事業/大規模水素エネルギー利用技術開発」に係る助成先の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.