> > 水素・燃料電池車に関する国連規則が発効 日本の法律に沿えば他国でもOKに

水素・燃料電池車に関する国連規則が発効 日本の法律に沿えば他国でもOKに

 印刷 記事を保存

経済産業省は、水素・燃料電池自動車の相互承認のための「水素及び燃料電池自動車に関する国連規則」が6月15日付で発効したと発表した。同省は、2013年10月から、国土交通省と連携して、この国連規則の策定に参画した。

今後、この国連規則を各国が法令に取り込むことによって、例えば、水素・燃料電池自動車の燃料装置用の容器について、日本の高圧ガス保安法に沿ったものであれば、各国の法令で受け入れられることになるため、当該容器等の輸出入の一層の効率化等に貢献する。この国連規則の日本の高圧ガス保安法への取込みの目標時期として、来春を予定している。

(※全文:815文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.