> > 木質バイオマス発電事業に80億円のシンジケートローン 商工中金がアレンジ

木質バイオマス発電事業に80億円のシンジケートローン 商工中金がアレンジ

記事を保存

商工中金(東京都中央区)神戸支店は、木質バイオマス発電設備を新設するパルテックエナジー(兵庫県丹波市)に対し、総額80億円のシンジケート・ローンを組成した。

本シンジケートローンは、商工中金がアレンジャーを務め、みずほ銀行(東京都千代田区)、三井住友銀行(東京都千代田区)、みなと銀行(神戸市中央区)が参加する。ローンの内訳は、商工中金32億円、みずほ銀行19億円、三井住友銀行16億円、みなと銀行13億円。

今回、同社は、本シンジケートローンにより調達した資金を活用して、兵庫パルプ工業・本社工場内にバイオマス発電設備を新設し、2017年12月の発電事業開始をめざす。投資額は調達額と同じ80億円。

新設備は、パルプ材に適さない木質チップ、林地残材、製材バーク、開発材、未利用材のリサイクル材パーム椰子殻(PKS)を利用する。6.0MPa、セ氏480度、毎時85トンの性能を持つ水冷式ストーカーボイラと蒸気発電設備を備え、発電量は22,100kW。着工は2016年春、稼働は2017年12月の予定。なお、兵庫パルプグループとしては3基目のバイオマス発電設備。

パルテックエナジーは、バイオマス発電、建材用パルプの製造販売を手がけている。未晒(みさらし)クラフトパルプ(漂白しないパルプ)をはじめとしたパルプの製造・販売、バイオマス発電事業を行う兵庫パルプ工業(兵庫県丹波市)のグループ企業。

商工中金は、このようなシンジケートローンなどの取り組みを通じて地域金融機関などと連携し、中小企業の金融の円滑化を図り、地域経済の活性化に貢献したい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.