> > 電力ピーク時間に地域通貨2倍で外出促進 尼崎市、省エネと地域活性化を両立

電力ピーク時間に地域通貨2倍で外出促進 尼崎市、省エネと地域活性化を両立

 印刷 記事を保存

野村不動産や三菱電機など6社は、JR塚口駅の再開発プロジェクトにおいて電力の需給状況の見える化を行うとともに、尼崎市全域において、地域通貨ポイント導入による、地元の商店と連携してデマンドレスポンスを行う持続可能な省エネ・地域活性化の取組みを行うと発表した。

本取組みは、JR塚口駅の再開発プロジェクト「ZUTTOCITY」を手がける野村不動産、ジェイアール西日本不動産開発、長谷工コーポレーションの3社が、地域通貨「まいぷれポイント」を運営するまいぷれwithYOU(尼崎市)、関西電力と共同で、平成28年度からの3年間、三菱電機の協力のもと実施する。

(※全文:1,607文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.