> > 九州電力の系統に「大容量蓄電システム」 日本ガイシのNAS電池が30万kWh

九州電力の系統に「大容量蓄電システム」 日本ガイシのNAS電池が30万kWh

記事を保存
九州電力の系統に「大容量蓄電システム」 日本ガイシのNAS電池が30万kWh

三菱電機(東京都)は、九州電力(福岡県)の「大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業」において、大容量蓄電池システム設置工事を受注したと発表した。

今回設置される蓄電池システム全体の規模は、出力5万kW、定格容量30万kWh程度。これは一般家庭約3万戸分が1日に使用する電力量に相当する。63台のパワーコンディショナー(800kW)と受変電設備3台を含め、設置面積は100メートル×約140メートル、面積は14,000平方メートルに及ぶ。同社が請け負う設置工事は、2015年度中に完了する予定だ。

コンテナ型NAS電池 設置イメージ図

コンテナ型NAS電池 設置イメージ図

設置する蓄電池システムは同社が日本ガイシ(愛知県)より仕入れたコンテナ型NAS電池で、20フィートのコンテナ内に200kWのNAS電池と制御装置類が組み込まれた製品だ。蓄電池監視制御システムBLEnDer®REにより、運転状況を適切に把握し、多数にわたるユニットごとに効率的に制御する。

NAS電池は日本ガイシが世界で初めて実用化した大容量蓄電池で、2002年の事業化以来、全世界で約190カ所、総容量300万kWh以上の納入実績を持つ。同電池は、長期にわたり高出力の電力を長時間かつ安定して供給できるという特長を備え、電力負荷平準化用途や非常電源用途のほか、再生可能エネルギーの出力安定化用途でも利用されている。

同事業は、新エネルギー導入促進協議会の「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金(大容量蓄電システム需給バランス改善実証事業)」において、九州電力が採択され、実施するもの。福岡県豊前市の九州電力豊前発電所構内に、蓄電池システムを設置し、揚水発電設備と同等の電力貯蔵機能を利用することで、太陽光発電で発生した余剰電力を吸収し、再生可能エネルギーの需給バランスを改善するほか、系統電圧制御への適用を実証する。同実証事業により、将来的な再生可能エネルギーの円滑な接続が期待される。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.