> > 熊本県・わいた温泉郷で地熱発電所が運転開始 1500kW以上は国内16年ぶり

熊本県・わいた温泉郷で地熱発電所が運転開始 1500kW以上は国内16年ぶり

記事を保存
熊本県・わいた温泉郷で地熱発電所が運転開始 1500kW以上は国内16年ぶり

中央電力(東京都)は、熊本県阿蘇郡に位置する小国町の「わいた地熱発電所」が6月16日から商用運転を開始したと発表した。

同発電所は、同社のグループ会社である中央電力ふるさと熱電(東京都)と、わいた会(熊本県阿蘇郡小国町の合同会社)が協同で建設を進めていたもので、出力規模は1,995kW、敷地面積は1,600平方メートル。1,500kWを超える規模は、国内の地熱発電所としては東京電力八丈島地熱発電所以来、16年ぶりのこととなる。

従来の大規模発電所と異なる特長は「地元による地元のための地熱発電所の開発・運用」を標榜する事業スキームを持ち、「おらが村発電所」という概念を柱に運営される点だ。地元住民で構成される「わいた会」が事業主体となり、地元の合意形成をはかりながら、中央電力ふるさと熱電に地熱発電の許認可関係、建設および運営までの一切の業務を委託する形式で運営される。

「おらが村発電所」の概要

「おらが村発電所」の概要

なお、発電に使用された熱水は、地元の温泉旅館に分けるほか、林業も盛んな同町での「木材の乾燥事業」の熱源としても供給され、地元での効率的なエネルギー循環を目指す。同発電所は、2014年12月から試運転を開始し、各種確認作業等を経て使用前自主検査をおこなってきた。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.