> > 腎臓障害を持つ人でも食べられる低カリウムレタス 香川の植物工場でも栽培へ

腎臓障害を持つ人でも食べられる低カリウムレタス 香川の植物工場でも栽培へ

記事を保存
腎臓障害を持つ人でも食べられる低カリウムレタス 香川の植物工場でも栽培へ

四国計測工業(香川県)は、低カリウムレタス栽培技術を有するドクターベジタブルジャパン(東京都)とフランチャイズ契約を締結し、人工光による完全閉鎖型植物工場での低カリウムレタスの生産事業を開始する。

同社は、本社敷地内に建設中の人工光型植物工場「さぬき野菜工房™」で、今秋より低カリウムレタスの生産を開始し、1年後にはカリウムレタスを栽培する植物工場としては西日本で最大規模の4,500株/日(年間100トン)のフル生産をめざす。これらの低カリウムレタスは、ドクターベジタブルジャパンを通じ、「ドクターベジタブル®」ブランドとして販売される。将来的には国内にとどまらず、東南アジア向けに輸出される予定だ。

同事業は経済産業省の補助事業「グローバル農商工連携推進事業」の採択や、香川県の「企業誘致助成制度」の指定を受けて行われ、同時に、同社の新規事業の一環として行われるもの。同社はこれまで半導体事業で培ってきたクリーンルーム管理技術や、計測制御技術を活用し、同事業に取り組みたい考えだ。

「さぬき野菜工房」完成予想図

「さぬき野菜工房™」完成予想図
約4億円の費用を投じ建設される「さぬき野菜工房™」。建屋面積は1,289平方メートル。

低カリウムレタスは、通常栽培のレタスに比べてカリウム含有量を極端に少なくしたもので、カリウムを豊富に含む生野菜や果物の摂取制限を受ける腎臓障害を持つ人でも生食できる野菜だ。日本には透析患者が約30万人、慢性的腎臓病患者が約1,300万人(人口の10人に1人)存在するため、低カリウムレタスは大きな潜在需要があるとされる。

また、味覚の面でも通常のレタスと比べ食感がマイルドで、クリーンルームで栽培・密封包装するため洗う必要がなく日持ちが良い、などの特徴もあり、全国のデパート、スーパーや高級レストランでも採用が広がり、一般食材としての需要も見込まれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.