> > 腎臓障害を持つ人でも食べられる低カリウムレタス 香川の植物工場でも栽培へ

腎臓障害を持つ人でも食べられる低カリウムレタス 香川の植物工場でも栽培へ

 印刷 記事を保存

四国計測工業(香川県)は、低カリウムレタス栽培技術を有するドクターベジタブルジャパン(東京都)とフランチャイズ契約を締結し、人工光による完全閉鎖型植物工場での低カリウムレタスの生産事業を開始する。

同社は、本社敷地内に建設中の人工光型植物工場「さぬき野菜工房™」で、今秋より低カリウムレタスの生産を開始し、1年後にはカリウムレタスを栽培する植物工場としては西日本で最大規模の4,500株/日(年間100トン)のフル生産をめざす。これらの低カリウムレタスは、ドクターベジタブルジャパンを通じ、「ドクターベジタブル®」ブランドとして販売される。将来的には国内にとどまらず、東南アジア向けに輸出される予定だ。

(※全文:760文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.