> > アジア太平洋諸国が約束草案を議論 気候変動の「適応」も焦点に

アジア太平洋諸国が約束草案を議論 気候変動の「適応」も焦点に

 印刷 記事を保存

環境省は、タイ天然資源環境省天然資源・環境政策局およびオーストラリア外務・貿易省との共催により、6月29日(月)・30日(火)の2日間、タイ・バンコクにおいて「第24回地球温暖化アジア太平洋地域セミナー」を開催した。

今回のセミナーには、アジア太平洋地域の16カ国、国際機関および研究機関等(11機関)より約50名の気候変動に関する担当官・専門家等が参加し、各国が定める2020年以降のの約束草案(温室効果ガス削減の目標等)の内容や準備状況等について情報共有し、活発な議論が行われた。

環境省からは田中大臣官房審議官ほかが出席した。事務局は一般社団法人海外環境協力センター(OECC)が務めた。

本セミナーの概要

1日目に、途上国の約束草案(Intended Nationally Determined Contribution:INDC)の準備・策定に向けた国連機関や研究機関による支援、各国のINDCの準備状況の概況に関する報告がなされた後、エネルギー、植林・土地利用、交通、廃棄物管理の各分野におけるINDCの内容等について、相互に経験や知見の共有が行われた。

(※全文:2,217文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.