> > 宮城県仙台市で「藻類バイオマス研究・開発プロジェクト」の成果発表会

宮城県仙台市で「藻類バイオマス研究・開発プロジェクト」の成果発表会

 印刷 記事を保存

東北復興次世代エネルギー研究開発コンソーシアム(筑波大学、東北大学、宮城県仙台市)は、8月1日、「藻類バイオマスプロジェクト 第3回市民フォーラム」を開催する。

従来の10倍以上のオイル生産効率を持つ藻「オーランチオキトリウム」を発見した筑波大学の渡邉信教授をはじめ、本プロジェクトに関わる第一線の研究者が藻類バイオマスに関する最新の研究成果を解説する。会場は仙台市情報・産業プラザ(宮城県仙台市)。定員140名。先着順。参加無料。参加希望者は7月27日までに申し込みが必要。

(※全文:948文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.