> > 福島県、ソーラーシェアリングのアドバイザー企業を公募 秋のイベントで相談会

福島県、ソーラーシェアリングのアドバイザー企業を公募 秋のイベントで相談会

記事を保存

福島県は、9月・10月に県内で行われる再エネ関連のイベントにおいて、ソーラーシェアリングに関する相談コーナーの設置・運営を行う委託事業者を募集している。事業の予算は上限200万円(税込み)。委託業務内容は下記のとおり。

  1. ソーラーシェアリングの設計・施工・保守管理・農地の一時転用などに係る各種相談を受けるコーナーの設置に関する企画立案や、同コーナーについての広報、運営業務。
  2. 営農型発電の太陽光発電設備の広報資料を8,000部作成し、市町村やJAに配布。
  3. 同県が実施している「ふくしまからはじめよう。再エネ発電事業(営農継続モデル)」で設置されたソーラーシェアリングを活用した現地視察に関する、企画立案・参加者募集などの運営業務。定員は40名程度、11月に1回実施予定。

相談コーナーの設置は、9月に行われる「農業総合センターまつり」と、10月に開催される再生可能エネルギー産業フェアー「REIFふくしま2015」で予定されている。いずれも、郡山市内にて開催。

応募条件は、県内の法人であり、太陽光発電設備の設計、施工、保守管理、運営及び農地の一時転用を行う技術者養成等講座の開設について、何らかの実績を有していること。 質問書の提出期限は7月10日まで、応募締め切りは7月13日まで。 8月中に採択事業者が決定する。

ソーラーシェアリングは、営農を継続しながら農地に太陽光発電設備を設置する形式。農地に支柱を立て、農作物への日照を確保しつつ、上部の空間を利用し太陽光発電事業を行う。

今回の委託業務で現地視察に利用される補助事業「ふくしまからはじめよう。再エネ発電事業(営農継続モデル)」は、同県がソーラーシェアリングを実施する事業者に上限700万円の補助を行い、農業と共存した発電事業により復興と地域活性化を目指すもの。

【参考】
福島県 - 太陽光発電設備(営農型発電)設置に関する相談コーナー設置等業務委託

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.