> > 光エネルギー変換材料の機能を操作する新方法発見 太陽電池の高効率化へ道

光エネルギー変換材料の機能を操作する新方法発見 太陽電池の高効率化へ道

 印刷 記事を保存

東北大学および理化学研究所などは、光エネルギー変換材料である二酸化チタン(TiO2)の機能を制御する新しい方法を解明したと発表した。

TiO2は、光触媒、太陽電池、触媒、色材、半導体など様々な機能を示す金属酸化物であり、工業的に広く用いられている。これらの機能は、水素イオン、酸素欠損、格子間チタンイオンなどの原子欠陥(材料構造の乱れ)に強く関わっており、原子欠陥を自在に操作することで、既存の機能を飛躍的に向上させることや、これまでにない新規な機能を開拓することができると考えられている。

(※全文:1,570文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.