> > 太陽光でCO2を燃料に ― 酢酸からエタノールを生む人工光合成技術

太陽光でCO2を燃料に ― 酢酸からエタノールを生む人工光合成技術

 印刷 記事を保存

大阪市立大学複合先端研究機構人工光合成研究センター所長、天尾豊教授らのグループとマツダ技術研究所は、太陽光エネルギーを利用してエタノールを生成できる新たな人工光合成技術の開発に成功した。

同研究は二酸化炭素を出発物質として人工光合成技術を用い、図に示すような二酸化炭素とメタン(あるいはメタノール)から酢酸を生産し、さらに人工光合成技術を用いて酢酸から自動車用の低炭素燃料で注目されるエタノールを合成することに成功したというもの。

(※全文:917文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.