> > 太陽光でCO2を燃料に ― 酢酸からエタノールを生む人工光合成技術

太陽光でCO2を燃料に ― 酢酸からエタノールを生む人工光合成技術

記事を保存
太陽光でCO2を燃料に ― 酢酸からエタノールを生む人工光合成技術

大阪市立大学複合先端研究機構人工光合成研究センター所長、天尾豊教授らのグループとマツダ技術研究所は、CO2とメタンを使い、太陽光エネルギーを利用してエタノールを生成できる新たな人工光合成技術の開発に成功した。

同研究は、図に示すような二酸化炭素とメタン(あるいはメタノール)から酢酸を生産し、さらに人工光合成技術を用いて酢酸から自動車用の低炭素燃料で注目されるエタノールを合成することに成功したというもの。

酢酸からエタノールを合成できる人工光合成技術の成功は世界初。今回確認された成果では、150分間太陽光を照射すると酢酸のおよそ5%がエタノールに変換される。

再エネでCO2を燃料に変える取組み

大阪市立大学・マツダの両者は、温室効果ガスの一つ、CO2を原料として利用し、有用物質に変換する方法の開発に取り組んでいた。

両者はこの方法として、太陽光エネルギーを用いて二酸化炭素をメタノールやエタノールへ分子変換する技術が構築できれば、温室効果ガスを有用な資源に取り込むことができると考えた。

この研究が成功したことによって、これまで人工光合成技術を用いた二酸化炭素の分子変換技術は、その生成物が一酸化炭素、ギ酸、メタノールなど炭素数が1のものに限られていたが、今後燃料として実用が期待されるエタノールを太陽光と二酸化炭素から作り出すことができるようになり、従来開発されている食糧等からのバイオエタノール生成技術と同等の新しい技術になりうると期待される。

両者は、今後は天然ガスであるメタンと二酸化炭素から酢酸を合成する技術を、酢酸菌等の利用により組み込むことで、太陽光と二酸化炭素からエタノール燃料を生成できる新たな人工光合成技術への展開に取り組む予定だ。

なお、同研究の内容は、専門誌「Applied Catalysis B: Environmental」オンラインページに2015年7月2日(オランダ時間)に掲載された。2015年11月5、6日にウインクあいちで開催される、石油学会名古屋大会(第45回石油・石油化学討論会)にても同研究成果が発表される予定。

【参考】
大阪市立大学 - 太陽光エネルギーを利用したエタノール燃料生成に成功

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.