> > 化石燃料ではなく使用済プラスチックから水素を生産 川崎市で実証へ

化石燃料ではなく使用済プラスチックから水素を生産 川崎市で実証へ

記事を保存
化石燃料ではなく使用済プラスチックから水素を生産 川崎市で実証へ

川崎市と昭和電工は、使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した環境負荷の少ない社会の実現に向けて、連携・協力について合意し、2015年7月28日に協定を締結した。

両者は、川崎市が回収した使用済プラスチックから水素を抽出し、川崎臨海部の需要者にパイプラインで輸送し、純水素型燃料電池を活用してエネルギー利用する技術実証を行う。

昭和電工は、川崎事業所におけるアンモニア製造工程において、原料となる水素を使用済プラスチックから取り出す製造方法を2003年から導入している。同製造方法は使用済プラスチックを原料とすることで化石燃料の消費を抑え、製造工程で発生する二酸化炭素をドライアイスにリサイクルするなど副生物を資源とする。そのため、従来の製造方法に比べ、環境負荷の低減に大幅に寄与する。

川崎市は、今年3月に「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」を策定し、多様な事業者等と連携したリーディングプロジェクトの創出・推進を通じて、水素エネルギーを積極的に導入し利活用する「未来型環境・産業都市」の実現に向けて取り組んでいる。同事業は環境省が公募した「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」において、昭和電工の「使用済プラスチック由来低炭素水素を活用した地域循環型水素地産地消モデル実証事業」が採択されたことから、今回の実施に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.