> > 東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

記事を保存
東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

東芝は、最大出力270W、最大モジュール変換効率18.2%の太陽電池モジュールを採用した住宅用太陽光発電システム「Lシリーズ」を今秋発売する。

新製品は、両面受光セルの採用とセル表面の半導体技術により、同社従来の単結晶モジュール(Vシリーズ)よりも最大モジュール変換効率を2.8%も向上させたのが特長。モジュール変換効率が高く、限られた屋根に多くのパネルを設置することが可能で、たくさんの発電量を得ることができる。

「Lシリーズ 270W太陽電池モジュール」の主な特長

1. 両面受光セルの採用による発電効率の向上

セルの裏面にも表面と同じ薄膜層と電極を設け、セル間のすき間から入る斜めの光を吸収して発電効率を向上させた。

両面受光セルの採用による発電効率の向上

2. セル表面ピラミッド形状の凸凹による光吸収率の向上

単結晶セル表面のピラミッド形状を、さらに凸凹形状にすることで、光が当たる面積の拡大と光の反射ロス低減を実現した。光をたくさん取り込むことで、より多くの電気を作ることができる。

セル表面ピラミッド形状の凸凹による光吸収率の向上

3. 均一なナノ薄膜層を蒸着させることで発電効率を向上

単結晶セルのシリコン表面とARコート薄膜層との間に、半導体技術の応用で粒子形状を均一化させたナノ薄膜層を蒸着させることにより発電効率を向上させた。

均一なナノ薄膜層を蒸着させることで発電効率を向上

同社は、最大モジュール変換効率250Wの太陽電池モジュール「Sシリーズ」、多様なモジュールと組み合わせられる太陽電池モジュール「Vシリーズ」を展開しており、今回、大出力の「Lシリーズ」をラインアップすることで、顧客のさまざまな要望に対応する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.