> > 東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

 印刷 記事を保存

東芝は、最大出力270W、最大モジュール変換効率18.2%の太陽電池モジュールを採用した住宅用太陽光発電システム「Lシリーズ」を今秋発売する。

新製品は、両面受光セルの採用とセル表面の半導体技術により、同社従来の単結晶モジュール(Vシリーズ)よりも最大モジュール変換効率を2.8%も向上させたのが特長。モジュール変換効率が高く、限られた屋根に多くのパネルを設置することが可能で、たくさんの発電量を得ることができる。

(※全文:642文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.