東芝の新しい住宅用太陽光発電パネル、「両面発電」ではなく「両面受光セル」

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

東芝は、最大出力270W、最大モジュール変換効率18.2%の太陽電池モジュールを採用した住宅用太陽光発電システム「Lシリーズ」を今秋発売する。

新製品は、両面受光セルの採用とセル表面の半導体技術により、同社従来の単結晶モジュール(Vシリーズ)よりも最大モジュール変換効率を2.8%も向上させたのが特長。モジュール変換効率が高く、限られた屋根に多くのパネルを設置することが可能で、たくさんの発電量を得ることができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報