省エネと、温室効果ガス4割削減が見込まれる。"/>
> > 三菱ガス化学、工場のスチームを有効活用して省エネ効果6億円(年間)

三菱ガス化学、工場のスチームを有効活用して省エネ効果6億円(年間)

記事を保存

三菱ガス化学(東京都)は、2016年末までに、新潟工場にスチームタービン発電機を導入し、エネルギー効率を改善すると発表した。これにより原油換算で、1万kl(約1.3万世帯の年間電力使用量に相当)の省エネと、温室効果ガス4割削減が見込まれる。

同工場では1957年以降アンモニアを生産してきたが、国内需要の減少と装置の老朽化等などにより、今年7月末に生産を終了した。これに伴い、発電機の導入などにより、アンモニア生産のために使用していた高圧スチームの有効利用を図る。

また、自家発電装置を更新し、発電された電力は、同工場内でメタノール誘導品(ホルマリン、ポリオール、メチルアミンほか)や、特殊ナイロン(MXナイロン)及びバイオ関連製品の生産にも使用され、工場内での有効なエネルギー循環を目指す。

なお、これらの施策による省エネ効果をコストに換算すると、トータルで年間6億円の削減となる見込みだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.