> > 愛知県、浄化センターの土地を太陽光発電事業に貸出し 30000平米×100円

愛知県、浄化センターの土地を太陽光発電事業に貸出し 30000平米×100円

記事を保存

愛知県は、日光川下流浄化センター(弥富市)の県有地、30,000平米を太陽光発電用地として貸し出すにあたり、一般競争入札を行う。

国の再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用した太陽光発電の普及を促進し、あわせて県有地の有効活用を図るのが目的。

入札参加者は、8月31日~9月10日に入札参加申込などを提出すること。入札は10月8日10時30分~、愛知県自治センター(名古屋市中区)で行う。なお、8月31日14時~、物件所在地で現地説明会を開催する。参加希望者は8月28日17時までに申し込みが必要。参加は任意。

入札に付する物件

愛知県弥富市上野町2-28、29、43の一部(約30,000平方メートル)

予定価格(最低貸付料単価)

1平方メートル当たり年額100円

※貸付料の他に、県が弥富市に対して支払う国有資産等所在市町村交付金の相当額(固定資産税相当額)を県に支払うものとする。

貸付期間

売電期間(20年間)および設備の設置・撤去工事に要する期間

入札に必要な資格

企業または複数の企業などで構成する連合体

【参考】
愛知県 - 日光川下流浄化センターの県有財産(土地)の貸付による太陽光発電事業者を募集します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.