> > 全国の自治体による「地熱利用で地域活性化」イベント、参加者382人も集まる

全国の自治体による「地熱利用で地域活性化」イベント、参加者382人も集まる

 印刷 記事を保存

JOGMECと秋田県湯沢市は、8月7日、国内で23年ぶりとなる大型地熱発電所「山葵沢地熱発電所」の建設が進む湯沢市で、あらためて地熱とは何か、そして街にどのようなことをもたらすのかを考えるイベント「全国地熱自治体サミット in 湯沢」を開催した。

本イベントのテーマは「地熱の付加価値利用による地域活性化」。初の試みとして、北海道から九州まで大型地熱発電所が立地する8自治体が一堂に会し、地熱資源開発を通じた地域活性化の可能性について議論した。また一般参加者とともに考えるイベントとして、地熱が地域にもたらす付加価値を次世代を担う若者の視点から発言する「市民討論会の報告会」や地元高校生による「次世代による地熱利用研究発表」が行われた。

(※全文:1,436文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.