> > ゴミの埋立処分場で太陽光発電できる企業を募集 今年はCEMS連携なども評価

ゴミの埋立処分場で太陽光発電できる企業を募集 今年はCEMS連携なども評価

 印刷 記事を保存

環境省は、廃棄物埋立処分場への太陽光発電導入実現可能性調査をおこなう事業者について、一般競争入札を実施する。

環境省では、廃棄物の適正処分を確保した上で処分場などを地域のエネルギーセンターとして有効活用することを目的として、処分場などへの太陽光発電の導入を促進する方策を検討・実証することとしている。この業務は、処分場などへの太陽光発電導入実現可能性調査を実施し、得られる課題・知見などを整理するとともに、当該事業の有効性の検証に活用することを目的として実施するもの。

業務内容は下記の通り。

(※全文:1,450文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.