> > 鹿児島県薩摩川内市、廃棄物処分場にメガソーラーを設置する事業者を募集

鹿児島県薩摩川内市、廃棄物処分場にメガソーラーを設置する事業者を募集

記事を保存
鹿児島県薩摩川内市、廃棄物処分場にメガソーラーを設置する事業者を募集

鹿児島県薩摩川内市は、市有地である最終処分場の一定期間の利用方法として、建設期間が比較的短く、再生可能エネルギーを集約的に活用できる、メガソーラーの設置を行うことを決定した。これについて、設置運営を担う民間事業者を募集する。

メガソーラー設置運営事業

メガソーラーの設置場所は、鹿児島県薩摩川内市木場茶屋町7949-1(木場茶屋最終処分場)。パネル設置可能な箇所は34,321平方メートル。推定出力規模は約2000kW。

土地使用料は最低額で年額1平方メートル当り113円。事業者はこれ以上の単価を提示し、併せてその使用料を算定した根拠や考え方を提示すること。

応募希望者は、薩摩川内市メガソーラー発電事業実施のための企画、資金調達、設計、建設並びに管理運営、事業スケジュール等を示した企画提案書を、期間内に薩摩川内市まで提出すること。

また、発電設備工事や敷地内の除草、パネル清掃等の維持管理業務については、薩摩川内市の業者への発注に努めるよう指示がある。

太陽電池モジュール設備・機器の指定

なお、再生可能エネルギー発電設備の設備認定については、経済産業大臣から2014年11月14日付け、20141028九州再太認第13号で承認通知を受けている、以下の設備認定の適用範囲内において、設備・機器を選択すること。

廃止される最終処分場として特別な条件

また、土地は最終処分場の廃止までの間の暫定利用として利用されるため、様々な条件が事業者に課せられる。最終処分場を廃止にする場合、表面を土砂で概ね50cm以上覆わなければならないため、発電設備を設置するための掘削は、概ね30cm以下とすること。また、雨水対策として、雨水側溝敷設および覆土工事(概算工事費4000万円)を、事業者側の負担で実施すること。

公募期間は、2015年8月31日(月)~9月18日(金)。提案書は持参、または郵送で薩摩川内市市民福祉部環境課まで提出すること。

【参考】
薩摩川内市 - 薩摩川内市メガソーラー設置運営事業 事業者募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.