> > 太陽電池モジュールの経年劣化、10年分を約1ヵ月で試験・評価するサービス

太陽電池モジュールの経年劣化、10年分を約1ヵ月で試験・評価するサービス

 印刷 記事を保存

テュフ ラインランド ジャパン(神奈川県横浜市)は、実環境使用約10年に相当する太陽電池モジュールの長期信頼性を約1ヵ月の試験で評価する「高加速温度サイクル試験サービス」を9日より開始する。

本試験サービスは、テュフ ラインランド ジャパンと日立製作所との共同研究成果によるもの。国際規格(IEC 61215等)の試験条件をより厳しくすることで劣化の進行を加速し、太陽電池モジュールの長期信頼性を従来の規格試験よりも半分から3分の1の試験期間で評価する。

従来2~3ヵ月要した試験期間を約1ヵ月に短縮

今回研究した加速条件をあてはめることにより、実環境使用7~10年程度に相当するモジュールの長期信頼性を、約1ヵ月の試験期間(試験前後の出力評価等も含めると8週間)で評価が可能(テュフ ラインランド ジャパン試算)となる。これにより、従来と比較すると、2~3ヵ月要した試験期間を約1ヵ月に短縮できる。

(※全文:1,902文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.