> > 最新版の「風力発電導入実績」、着床式洋上風力のEIA基礎資料など公表される

最新版の「風力発電導入実績」、着床式洋上風力のEIA基礎資料など公表される

記事を保存
最新版の「風力発電導入実績」、着床式洋上風力のEIA基礎資料など公表される

NEDOは、日本国内における風力発電設備の導入・撤去に関して定期的に行っている実績調査「日本における風力発電設備・導入実績」について、2015年3月末時点の調査結果の集計を完了し、公表した。また、NEDOは、国内で初めて、着床式洋上風力発電に関する国内外の最新知見をまとめた「着床式洋上風力発電導入ガイドブック」と、「着床式洋上風力発電の環境影響評価手法に関する基礎資料」を作成し、NEDOのウェブサイトで公開した。

2014年度における日本の風力発電設備・導入実績、調査結果2015年3月末時点での日本における風力発電の総設備容量は約293万kW、総設置基数は2,034基であった(図1)。また、2014年度単年度においては、設置基数113基、設備容量で約24万kWの風力発電設備が導入された(図2)。

年度別導入量の推移(撤去による減少分は対象外)

図2 年度別導入量の推移(撤去による減少分は対象外)
(※画像クリックで拡大)

これらの調査データは、風力発電事業者や地方自治体等において、最新の風力発電設備導入状況の把握等や、国内外の風力発電やエネルギー業界の団体において公表される統計情報の基礎データとして利用される。

着床式洋上風力発電導入ガイドブックと基礎資料上記の資料は、NEDOが国内で初めての沖合における洋上風力発電として、千葉県銚子沖と福岡県北九州市沖の2か所で洋上風車を実海域に設置していたプロジェクトの実証研究の成果を、「着床式洋上風力発電導入ガイドブック(第1版)」と「着床式洋上風力発電の環境影響評価手法に関する基礎資料(第1版)」としてまとめたもの。

着床式洋上風力発電に関する国内外の最新知見として、洋上風力発電を導入する際に必要な関係法規・許認可等の導入手順や日本近海での海象・気象・環境影響に関する資料。今後、風力発電への参入を予定している洋上風力発電事業者や地方自治体等の関係者には有用な情報を得ることができる手引きとなる。

ガイドブックには、着床式洋上風力発電の定義と種類、ポテンシャル、国内外の現状と動向などの基礎情報とともに、着床式洋上風力の設置、運転、保守など洋上風力発電計画を策定する上で必要な情報が記載されている。

同ガイドブックと基礎資料はNEDOの公式ウェブサイトからダウンロードできる。

【参考】
NEDO - 「日本における風力発電設備・導入実績」を公表

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.