> > 佐賀県、「再エネコーディネーター」育成講座の参加者を募集 受講は無料

佐賀県、「再エネコーディネーター」育成講座の参加者を募集 受講は無料

記事を保存

佐賀県は、行政や事業者と共同して再生可能エネルギー事業の事業化支援ができる「佐賀再エネコーディネーター」を育成する「佐賀再エネパイオニア講座」受講生の募集を開始した。

本講座は、第1講座から第3講座までの3段階(全22回、総時間数120時間)で実施。再エネ事業に係る基礎知識の修得、県内発電所の視察、再エネモデル事業計画の作成などを行う。佐賀大学大学院工学系研究科特別の課程として実施し、修了者は佐賀大の履修証明書が授与されるとともに、佐賀県から「佐賀再エネコーディネーター」として認定される。

募集期間は9月28日まで。募集人数は20人程度。募集地域は佐賀市・唐津市・伊万里市・玄海町の居住者、通勤・通学者。選考は事務局による第1次選考と佐賀大による第2次選考により実施。合格者には10月13日付で受講許可書が発行される。申込書類提出・問い合わせ先は、佐賀再エネパイオニア講座事務局(佐賀県庁新エネルギー課内)。

講座の概要

【第1講座】(全7回)2015年11月~2016年2月

「低炭素・資源循環・自然共生」型社会実現の必要性・関連政策や、佐賀県の地域特性、再生可能エネルギー事業に係る基礎知識を修得することにより、再エネ事業推進のための基盤を形成する。

【第2講座】(全9回)2016年5月~2016年9月

佐賀県内の発電所などの現地視察や、第1講座の内容を発展させた講義を実施し、より実践的な知識を修得する。

【第3講座】(全6回)2016年10月~2017年1月

第1・2講座で修得した知識をベースに、佐賀県の地域特性を踏まえた具体的なフィールドに基づいた再生可能エネルギーのモデル事業計画の作成を行い、修了後に即戦力として活躍できるよう、現場における実践力を養成する。

実施日・場所

原則、土曜日昼間に佐賀大学本庄キャンパスで実施予定

受講料

無料


今回の取り組みは、地域で「低炭素・資源循環・自然共生」社会を推進する担い手となる人材を育成する、環境省の「平成27年度持続的な地域創生を推進する人材育成拠点形成モデル事業」において、佐賀県、佐賀大学、三菱総合研究所(東京都千代田区)が共同で実施する。佐賀県の自然特性や地域産業に根ざした再エネの導入普及による持続的な地域創生を図るのが目的。

【参考】
佐賀県 - 「佐賀再エネパイオニア講座」受講生の募集を開始します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.