> > リチウムイオン電池の需要増大 宇部興産がセパレーター製造設備を増設

リチウムイオン電池の需要増大 宇部興産がセパレーター製造設備を増設

 印刷 記事を保存

宇部興産(東京都)は、自社工場のリチウムイオン電池用セパレーター製造設備を増強すると発表した。同社の宇部ケミカル工場(山口県)では既存設備の再構築を、堺工場(大阪府)ではセパレーター製造設備を新たに増設し、車載用リチウムイオン電池の需要増大に対応する構えだ。同社のセパレーターは乾式製法を特徴として、既に車載用として多くの採用実績を持つ。 

今回の増設計画は、まずは宇部ケミカル工場の既存設備を再構築し(2016年7月完工予定)、次いで堺工場に新規設備を設置して(6月完工予定)、2拠点の生産能力を現行比40%増の合計2億平方メートルに拡大する。その後、2020年頃までには、現行比倍増となる3億平方メートル規模へと段階的に生産能力を引き上げたい考えだ。

(※全文:662文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.