> > 太陽光発電のリサイクル・発電コスト低減を目指す技術開発 8件中7件が採択

太陽光発電のリサイクル・発電コスト低減を目指す技術開発 8件中7件が採択

 印刷 記事を保存

NEDOは、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトにおいて、太陽光発電のリサイクル社会構築や発電コスト低減を目指す7件の技術開発テーマを新たに採択した。

今回採択したのは、太陽電池モジュールの分解処理コストとして5円/Wを目標に掲げ、太低コストリサイクル処理技術等の開発・実証を行う「太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト」で5件、工事を含む周辺機器や維持管理の低コスト化技術の開発と実証を行う「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」で2件。各プロジェクトに8件ずつの提案が寄せられた。

プロジェクトの概要は以下のとおり。

(※全文:1,716文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.