> > トリクロロエチレンの排出基準、10月21日から規制強化

トリクロロエチレンの排出基準、10月21日から規制強化

記事を保存

環境省は9月18日、トリクロロエチレンの排出基準と地下水の浄化基準について、規制を強化する省令を交付した。新基準は2015年10月21日から施行される。

新しい基準値は下記の通り。

トリクロロエチレンに関する基準値の改正

基準 改正後の基準値 改正前の基準値
排水基準 0.1mg/L 0.3mg/L
地下水の浄化措置命令に関する浄化基準 0.01mg/L 0.03mg/L

トリクロロエチレンの環境基準については、2014年11月に、公共用水域の水質汚濁に係る「人の健康の保護に関する環境基準および地下水の水質汚濁に係る環境基準」の基準値が0.03mg/以下から0.01mg/L以下に変更されたことから、環境省は、水質汚濁防止法の排水基準等の見直しについて中央環境審議会に諮問していた。

2015年4月21日に答申を受け取り、これを受けて、同省はトリクロロエチレンの排水基準および地下水の水質の浄化措置命令に関する浄化基準を変更した。

今回のトリクロロエチレンについての改正された排水基準は、施行期日(2015年10月21日)以後に新たに特定事業場となる事業場には直ちに適用される。しかし、既設の特定事業場については、改正省令施行の日から6月間、また、水質汚濁防止法施行令別表第3に掲げる施設を設置している特定事業場については1年間の猶予が与えられ、それまでは従前の排水基準が適用される。

これらの基準に従わない者は、従前どおり、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処される。

【参考】
環境省 - 「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」の公布について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.