> > 風力発電事業、やはり鳥類への配慮に指摘 影響が避けられない場合は中止も

風力発電事業、やはり鳥類への配慮に指摘 影響が避けられない場合は中止も

記事を保存

環境省は18日、計画段階にある2件の風力発電事業に関し、各々の実施事業者に対する環境大臣意見を、経済産業大臣に提出した。

プロジェクトの概要、意見の主旨は下記の通り。

1.(仮称)葛巻ウィンドファームプロジェクト

実施事業者は三菱商事。岩手県葛巻町において、最大で総出力138,000kWの風力発電所を設置する計画。

意見の主旨は、事業実施想定区域全域においてイヌワシ、また、一部地域においては希少猛禽類への重大な影響が避けられない場合、事業の抜本的見直し、または設置取りやめも含め検討すること等を求めている。

2.(仮称)鶴岡八森山風力発電事業

実施事業者はジャパン・リニューアブル・エナジー。山形県鶴岡市八森山周辺において、最大で総出力27,000kWの風力発電所を設置する計画。

意見の主旨は、鳥類に関する調査、予測及び評価を行い、風力発電設備等の配置等の検討に反映し、同時に、人と自然との触れ合いの活動の場に関する調査、予測や評価も行い、影響の回避と低減等を求めている。


これらの意見は、鳥類や生態系保護などの環境保全措置について総論として述べ、事業実施想定区域内の住居に対しての風車の騒音や影による影響を回避・低減することにも言及している。

環境影響評価法と電気事業法は、出力10,000kW以上の風力発電所の設置または変更の工事を対象事業としており、環境大臣は、提出された計画段階環境配慮書について、経済産業大臣からの照会に対して意見を言うことができる。

今後、経済産業大臣からこれら2社に対して、同意見を勘案した意見が述べられ、事業者らは、意見の内容を検討したうえで事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

【参考】
環境省 - (仮称)葛巻ウィンドファームプロジェクトに係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見
環境省 - (仮称)鶴岡八森山風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.