> > 鹿島、洋上風力発電の基礎で新しい施工法を開発 着床式の風車向け

鹿島、洋上風力発電の基礎で新しい施工法を開発 着床式の風車向け

 印刷 記事を保存

鹿島は、洋上風力発電設備の新たな基礎の施工法として、海上作業構台「Kプラットフォーム コンボ」を用いた2形式の基礎施工法を開発したと発表した。

同社は8月に、洋上風力発電設備の海上作業構台「Kプラットフォーム コンボ」を開発したことを発表している。今回、着床式洋上風力発電設備で想定される、モノパイル、トリポッドの2つの基礎形式について、Kプラットフォーム コンボを用いた施工条件と施工手順、コスト、工期等を検証し、新たな洋上風力発電設備に用いる基礎の施工法として確立した。

日本の海底地盤は難しい

着床式洋上風力発電設備の基礎形式には、(1)モノパイル、(2)トリポッド(3本杭)、(3)ジャケット(4本杭)、(4)重力式、の大きく4つの種類がある。洋上風力発電の開発で先行する欧州においてはモノパイル形式が一般的だが、軟弱地盤や岩盤が混在する複雑な日本の海底地盤条件には必ずしも最適とは言えず、また風車の大型化に伴って杭径や杭長が巨大化し、施工機械の制約から日本では対応が困難になっていること等の課題があった。

(※全文:1,573文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.