> > 太陽光発電の「翌日の発電量予測」サービス 三重県桑名市で実証実験スタート

太陽光発電の「翌日の発電量予測」サービス 三重県桑名市で実証実験スタート

記事を保存
太陽光発電の「翌日の発電量予測」サービス 三重県桑名市で実証実験スタート

三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)は、経済産業省「大規模HEMS情報基盤整備事業」において、KDDIが三重県桑名市で実施している電力ビッグデータを活用した実証事業に参画し、太陽光発電(PV)発電量予測サービスを提供すると発表した。

このサービスは、消費者やPVの余剰電力を買い取る事業者等に「翌日の発電量予測」を提供することで、電力の有効利用を支援する。

この発電量予測データは、「HEMSデータ利活用事業者」(※)を通じ一般家庭向けに提供する第一弾として、Sassor(サッソー、東京都千代田区)が行う「電力見える化・節電アドバイスサービス」の中で、10月1日から三重県桑名市、四日市市、愛知県春日井市を対象に提供を開始する。

※モニターに対してエネルギーマネージメントおよびHEMSデータを活用した周辺サービスを提供する事業者

太陽光発電(PV)発電量予測サービスの概要

太陽光発電は再生可能エネルギーとして普及が期待されているが、天候や時刻、季節によって発電量が左右される。翌日のPV発電量を予測しサービス事業者に提供することができれば、PVを利用する一般家庭への情報提供等を通じ電力利用の最適化を図れるようになる等の効果が期待できる。

MDISは三菱電機グループのIT事業の中核企業。今回の実証事業を通して予測の精度向上やサービス事業者に対する利便性の向上を図り、実証事業終了後、大規模HEMS情報基盤整備事業と連携した本格運用を検討する。

サービス事業者での利用想定および将来構想

サービス事業者における利用形態として以下を想定している。

  • 翌日のPV発電量を予測して、この予測に基づいた付加価値サービス(消費者への情報提供や生活パターン指導など)を展開。これにより消費者の節電意識の向上を図るとともに、売電への喜びを感じてもらう。
  • PVの余剰電力を買い取る自治体、地域コミュニティーや事業者で、翌日のPV発電量を予測して、電力の購入も含め他の電源と組み合わせた需給計画を策定。電力調達の最適化に貢献。

また本格運用後の将来構想として、次の利用を目指す。

  • PVを利用する電力事業者が、PV発電予測を基に発電機での発電計画を立て、PVを組み合わせた電力の安定供給を実現。
  • PVを自前で持つ自治体、地域コミュニティーや事業者が、PV発電予測を基に電力購入計画を立て、PVと併せた電力を安定利用。また蓄電池との連携も検討。

大規模HEMS情報基盤整備事業について

「大規模HEMS情報基盤整備事業」では、KDDI、NTT東日本、ソフトバンク、パナソニックの4社を幹事企業とするコンソーシアムが連携し、2014年9月の事業開始以降、各家庭の電力データを一元的にクラウド管理する情報基盤システムを構築するとともに、全国約1万4千世帯のモニターに対してHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の導入を行ってきた。

KDDIと桑名市は、2015年5月よりモニターから得られる電力ビッグデータを活用し、「電力の見える化」や「節電アドバイス」などの生活支援サービスを、各サービス提供事業者を通じて順次提供を開始している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.