> > 大阪府の屋根貸し太陽光発電事業、5施設募集するも3施設しか決定せず

大阪府の屋根貸し太陽光発電事業、5施設募集するも3施設しか決定せず

記事を保存

大阪府では府有建築物の屋根貸しにより太陽光発電事業を行う事業者を募集しており5回目の提案型公募で対象となった施設のうち、3つの施設について、採択事業者が決定した。事業名称は、「府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業(第5回)」。

選定された事業者と概要は下記のとおり。

柴田工業(名古屋市)

富田林支援学校(発電設備容量19.8kW)

24時間対応の連絡体制、発電状況の遠隔監視、モジュールの不具合チェックや発電量の表示による普及啓発等の提案が評価された点。

西尾木材工業所(東大阪市)

なわて水みらいセンター(同49.5kW)、鴻池水みらいセンター(29.7kW)

地元メーカーのシステムによる長期保証、発電状況の遠隔監視、府内ソーラー事業普及への貢献等の提案が評価された点。


今回の公募では、府内の5施設が対象となっており、そのうちの3施設に対し上記の2社からの事業提案があった。審査は、大阪府ESCO提案審査会が行った。

【参考】
大阪府 - 府有建築物の屋根貸しによる太陽光パネル設置促進事業(第五回)の提案選定結果

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.