> > 国立公園内での地熱開発、規制緩和 特定地域での傾斜掘削を容認

国立公園内での地熱開発、規制緩和 特定地域での傾斜掘削を容認

 印刷 記事を保存

環境省は2日、国立・国定公園内での地熱開発について規制を緩和し、第1種特別地域では、地表に影響がないこと等を条件に、地下部への傾斜掘削を認めることなどを、各地方環境事務所長と各県知事あてに通知した。

本年度末までに取りまとめる「通知の解説」において、「立地選定」「建設」「操業」の各段階に応じた手法や精度による環境配慮の取組み等について、具体的に解説する予定。

同省は、自然環境と調和した地熱開発を促進するための考え方等に議論してきた、検討会で得られた結論を踏まえ、「国立・国定公園内における地熱開発の取扱いについて」(2012年3月27日付け環境省自然環境局長通知)を改正し、関係先に通知した。

第1種特別地域は、公園計画において、公園の中で特にすぐれた自然景観・原始状態を保持している「特別保護地区」に準ずる景観をもち、現在の景観を極力保護することが必要な地域と定められている。

(※全文:467文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.