> > 東京電力、2016年度に終了する料金プランを発表

東京電力、2016年度に終了する料金プランを発表

記事を保存

東京電力は、2016年4月実施予定の電力小売全面自由化およびスマートメーターの本格導入にむけて、新たな電気料金プランを提供すると発表した。顧客が選択できる電気料金プランを順次公表していく予定だ。

新たな電気料金プランは、電気だけではなく、「ガス」「携帯電話」「家電」「WEBサービス」「ポイントサービス」など、さまざまな分野・業種とも連携し、サービス展開をしていく見通しだ。詳細は、今後、同社ホームページや無料WEB会員サイト「でんき家計簿」で告知される。

なお、現在設定している電気料金プランは、今年度いっぱいで新規の申し込みを終了する。これらの料金プランは、電力小売全面自由化以降は自由料金となるが、2016年3月31日時点で契約している顧客は、当該電気料金プランを引き続き利用できる。

2016年3月31日で新規加入の申し込みを終了するプランは、下記の通り。

  • 時間帯別電灯[夜間8時間型](おトクなナイト8)
  • 時間帯別電灯[夜間10時間型](おトクなナイト10)
  • 季節別時間帯別電灯(電化上手)
  • ピーク抑制型季節別時間帯別電灯(ピークシフトプラン)
  • 時間帯別電灯(夜得プラン)
  • 時間帯別電灯(朝得プラン)
  • 時間帯別電灯(半日お得プラン)
  • 曜日別電灯(土日お得プラン)
  • 低圧高負荷契約(おまとめプラン)
  • 農業用低圧季節別時間帯別電力
  • 深夜電力
  • 融雪用電力

【参考】
東京電力 - 電気料金プランの見直しについて

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.