> > 風力発電・太陽光発電を最大限取り入れた、変わったカタチの船舶用システム

風力発電・太陽光発電を最大限取り入れた、変わったカタチの船舶用システム

記事を保存

エコマリンパワー(福岡県)は、船舶用風力併用ソーラーパワーシステム「Aquarius MRE(船舶用再生可能エネルギー)システム」が、国内での特許を取得したと発表した。特許取得により、同システムの国内での商用生産が可能になった。

このシステムは、船上の硬帆と太陽光発電パネルを使用し、風力発電・太陽光発電をおこなうことで得た再生可能エネルギーを、船舶の運転に利用できるもの。

使用される硬帆、EnergySail®(特許出願中)は、同社で実施した実現可能性テストおよび機能テストでその性能を確認しており、生産は尾道の寺本鉄工所で行われる予定だ。また、このシステムの構成部品は、高速旅客フェリーにも導入された実績もある。

同社は、福岡を拠点とし、旅客フェリーや石油タンカー、貨物船などの船舶に、再生可能エネルギー導入や、CO2削減技術の開発などを行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.