> > 京セラ vs ハンファQセルズの特許訴訟問題 クロスライセンス契約で一件落着

京セラ vs ハンファQセルズの特許訴訟問題 クロスライセンス契約で一件落着

 印刷 記事を保存

京セラ(京都府)とハンファQセルズジャパン(東京都)は、太陽光発電関連技術に関するクロスライセンス契約を締結したと発表した。

この契約と同時に、京セラは、同社が保有する太陽電池の「3本バスバー電極構造」に関する特許(特許第4953562号)侵害についての訴訟を取り下げ和解し、今後は両社が保有するその他特許も含め相互利用する実施許諾契約を結んだ。

(※全文:571文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.