> > 5大学対抗「エネマネハウス2015」 芝浦工大は新型木質パネル導入で勝負

5大学対抗「エネマネハウス2015」 芝浦工大は新型木質パネル導入で勝負

記事を保存
5大学対抗「エネマネハウス2015」 芝浦工大は新型木質パネル導入で勝負

芝浦工業大学は、民間企業等と合同で、学生が考える次世代のゼロ・エネルギーハウス(ZEH)をテーマとした集合住宅ユニットを建設し、建築コンペ「エネマネハウス2015」に出場する。このコンペは10月17日から横浜市みなとみらいで開催される5大学対抗で行われる。来場者が実際に各モデルハウスに入り、エネルギー消費量、室内温度、湿度などをリアルタイムに確認し、最も住みたい家に投票する場も設けられている。

学生も提案から建設作業まで一貫して取り組む

学生も提案から建設作業まで一貫して取り組む

教員・学生・企業が一緒になって議論を重ねる

教員・学生・企業が一緒になって議論を重ねる

同大学が提案する「継ぎの住処(つぎのすみか)」は、集合住宅における良好な通風環境や、国内でもまだ数例しかないWOOD-ALCとCLT(Cross Laminated Timber)という断熱蓄熱性に優れた木質パネルを導入することで、約50%の省エネ化実現をめざす次世代住宅だ。

また、人々のライフスタイルが多様化する時代背景を考慮し、さまざまな住居スタイルのニーズに対応できるよう、ユニットごとに増築・改築が容易にでき、時代を越えて人々が住み継ぐことができるコンセプトを打ち出している。

同プロジェクトは、教員5名と学生47名が関わり、設計・デザイン、シミュレーション、構法開発と各専門分野を生かしながら、プランニングから建設作業まで一貫して取り組んだ。

同大学は、パナソニックほか民間企業各社とコンソーシアムを組み、ZEHプロジェクトに取り組んできた。2013年には、「2030年の家」について提案したプロジェクトが経済産業省「平成25年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の標準化に係る調査・実証事業」に採択された。この取り組みで発表した「母の家2030 呼吸する屋根・環境シェルターによるシェア型居住スタイル」のモデルハウスは、昨年度の同コンペでは優秀賞を受賞している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.