> > 宅配便の「再配達」、合計するとすごいロス 国交省の対策検討レポートが発表

宅配便の「再配達」、合計するとすごいロス 国交省の対策検討レポートが発表

 印刷 記事を保存

国土交通省は、2015年6月より全3回で開催された「宅配の再配達の削減に向けた受取方法の多様化の促進等に関する検討会」についてとりまとめた報告書を、今月14日に公表した。

電子商取引市場の拡大に伴い、宅配便の件数が増加し、受取人の不在等による再配達件数も増加している。同検討会は、再配達の削減に向けた基本的な考え方や具体的対策等について議論し、物流分野における二酸化炭素排出量の抑制と、労働力不足を改善し、効率化を推進するもの。

報告書の概要は下記の通り。

(※全文:1,267文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.