> > ASEANのエネルギーに関する国際会議が終了 日中韓の先進技術に期待

ASEANのエネルギーに関する国際会議が終了 日中韓の先進技術に期待

記事を保存
ASEANのエネルギーに関する国際会議が終了 日中韓の先進技術に期待

2015年10月8日、マレーシア・クアラルンプールにおいて、「第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合」・「第9回東アジアサミット(EAS)のエネルギー大臣会合」が同時開催された。

第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合

第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合には、ASEANのブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのエネルギー大臣と日本、韓国、中国が参加した。

ASEANの各エネルギー大臣らは、第33回ASEANエネルギー大臣会合において、ASEANエネルギー協力行動計画(APAEC)2016-2025 が承認されたことに留意し、エネルギーの連結性と市場統合の強化が、持続可能性の達成に向けて貢献することを認識した。

この点について大臣らは、各国間における人材育成活動、知見の共有および情報交換といった様々な活動を通じて、APAECの実行においてASEANを支援するというコミットメントを強調した。

今回の会合で、ASEAN各国は経済効率と持続可能性を備えたエネルギーセキュリティを達成することの必要性を確認し、ライフサイクルコスト・環境影響・安全性の側面を考慮しつつ、質の高いエネルギーインフラ開発の重要性を認識していることが分かった。また、各国は、この地域におけるエネルギーの持続可能性に向けて日本などのエネルギー先進国の協力が望ましいという見解を示した。

さらに、大臣らからは、日本が省エネルギーや原子力安全の分野での人材育成や石油セキュリティ構築支援研修を実施してきたことについて、感謝の意が示された。

第9回EASエネルギー大臣会合

第9回EASエネルギー大臣会合には、ASEAN各国・豪・中・日・韓・NZ・露・米のEAS参加国から、エネルギー担当の大臣や高級事務方が参加した。

参加各国は、世界のエネルギー需要の大部分がEAS参加国から生じている(約60%)ことを認識し、エネルギーセキュリティ、そしてエネルギーへのアクセスや経済性の改善に向けた継続的な努力の重要性を再確認した。

また、EAS 参加国は、互いに協力し合い、省エネルギーの改善、代替・再生可能エネルギーおよびクリーンテクノロジーの推進並びに質の高いエネルギーインフラの開発に向けて努力を進めることの必要性を強調した。

日本は、同会合において、工業団地でのエネルギー安定供給や、離島でのディーゼル発電の置き換えに向けた協力として、「分散型エネルギーシステム・イニシアティブ」を提案した。また、エネルギー政策の基盤となるアジアワイドでの政策研究を強化していくため、「EAS中長期エネルギー政策調査研究ロードマップ」を作成することについても提案を行い、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA)がロードマップを作成することで合意した。

第13回ASEAN+3エネルギー大臣会合および第10回EASエネルギー大臣会合は、2016年9月にミャンマーで開催される予定。

【参考】
経済産業省 - ASEAN+3及び東アジアサミットのエネルギー大臣会合が開催されました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.