> > ASEANのエネルギーに関する国際会議が終了 日中韓の先進技術に期待

ASEANのエネルギーに関する国際会議が終了 日中韓の先進技術に期待

2015年10月8日、マレーシア・クアラルンプールにおいて、「第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合」・「第9回東アジアサミット(EAS)のエネルギー大臣会合」が同時開催された。

第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合

第12回ASEAN+3エネルギー大臣会合には、ASEANのブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのエネルギー大臣と日本、韓国、中国が参加した。

ASEANの各エネルギー大臣らは、第33回ASEANエネルギー大臣会合において、ASEANエネルギー協力行動計画(APAEC)2016-2025 が承認されたことに留意し、エネルギーの連結性と市場統合の強化が、持続可能性の達成に向けて貢献することを認識した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.