> > 「超伝導直流送電」で再エネ電力をもっと広域に 東京でセミナー開催

「超伝導直流送電」で再エネ電力をもっと広域に 東京でセミナー開催

記事を保存

一般社団法人太陽経済の会(東京都千代田区)は、2015年10月27日(火)に中部大学理事長・総長の飯吉厚夫氏と同大学超伝導・持続可能エネルギー研究センター、センター長山口作太郎教授、および同センターの井上徳之教授の3名を招き、「超電導直流送電システム」のセミナーを開催する。

「超電導直流送電システム」は従来の交流送電システムよりも電力効率が高く、超長距離の送電技術として地球規模の電力ネットワーク構築も可能であり、太陽光発電などの再生可能エネルギーの課題である昼夜・天候による不安定さ解決にも期待されている。

セミナーの概要は下記の通り。

日時

2015年10月27日(火)18:30~20:30(受付開始:17:45~)

場所

ベクトルラウンジ(東京都港区赤坂 4-15-1赤坂ガーデンシティ 18階)

主催

一般社団法人 太陽経済の会

対象者

市民参加型の持続可能なまちづくりに興味がある方、再生可能エネルギー事業、ロジスティック、運輸、自治体、教育、金融など幅広い業界の方々。なお、講演終了後には、軽食を交えた懇親会・名刺交換の時間を設けている。

定員

70名。満員になり次第受け付け終了。参加費は会員無料、非会員は2,000円。参加申込みは公式ウェブサイトから。


同セミナーでは、北海道石狩市での超伝導直流送電の実証実験の成功や、サハラ砂漠の太陽光発電を送電する計画など最新の取り組みを紹介し、更に、スマート・グリッドとしての超伝導直流送電が果たす役割について説明し、参加者とともにこれらの技術の活用法について考える。

高温超電導直流送電システムの動向

中部大学と石狩超電導・直流送電システム技術研究組合は、同年8月7日、北海道石狩市石狩湾新港地域に設置した「高温超電導直流送電システム」において500mの超電導送電試験に成功したと発表した。

この超電導送電は、5kA、100MVAの送電能力(約3万世帯分の電力に相当)を実現し、国内で例のない超電導ケーブルの公道への埋設による布設を可能にした。また、新たな配管構造の採用により、送電路の熱損失を低減し、従来の約1/2を達成し、液体窒素循環の損失を従来の約1/4とした。

【参考】
太陽経済の会 - 『超伝導直流送電』による再生可能エネルギーの広域活用

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.