> > 日立造船、バイオガス発電事業に参画 秋田県の食品廃棄物を高速メタン発酵

日立造船、バイオガス発電事業に参画 秋田県の食品廃棄物を高速メタン発酵

 印刷 記事を保存

Hitz日立造船(大阪府大阪市)は、10月21日、地域貢献のため、ナチュラルエナジージャパン(秋田県秋田市)に5億円出資し、同社が計画する秋田メタン発酵ガス化バイオマス発電事業への参画を決定したとウェブサイト上で発表した。

日立造船はこの事業に参画して、ナチュラルエナジージャパンからメタン発酵ガス化バイオマス発電所の建設工事と運転管理業務を請け負う。2015年12月から2017年3月まで工事を行い、2017年7月から運転を開始する予定だ。同発電所ではホテル、病院、飲食店などの事業系食品廃棄物を、WTMシステムという高速でメタン発酵させる独自の技術によって発電を行う。

(※全文:492文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.