> > 神奈川県の休眠工場がLED植物工場に 機能性野菜の生産で経営多角化

神奈川県の休眠工場がLED植物工場に 機能性野菜の生産で経営多角化

記事を保存
神奈川県の休眠工場がLED植物工場に 機能性野菜の生産で経営多角化

キーストーンテクノロジーは、日鍛バルブ・子会社Shune365(シュンサンロクゴ)の神奈川県秦野市・平沢工場に、最新型LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を50台納入した。

キャプション

生産の様子

同社が独自開発した水気耕栽培ユニット「AGRI Oh!」は育苗用7段式と生育用5段式がある。平沢工場には、生育用として「5段式AGRI Oh!」45台、育苗用として「7段式AGRI Oh!」5台が納入される。

同ユニットは、植物の光合成・栄養素生合成などを司る光合成色素・光受容体の光吸収特性に特化したRGB(赤・緑・青)LED栽培光源が特徴である。蛍光灯型植物工場の約半分の消費電力でビタミン・カロテノイド・ポリフェノールなどの機能性成分を従来農法よりも多く含んだ機能性野菜が生産できる。

キャプション

ハイカラ野菜 イメージ

また、同工場は、環境省認定の「全国名水100選」に選ばれる「秦野名水」の地下水を活かし、野菜の生産を行う。これによって生産された野菜は現行の「ハイカラ野菜」シリーズとして販売していく予定である。

Shune365は日鍛バルブ100%出資の子会社。キーストーンテクノロジーは、日鍛バルブ植物工場プロジェクトチームに事業企画立案段階からコンサルティングおよび植物工場建設総合プロデュースを行い、9月から試験栽培を開始していた。両者は、遊休施設をLED植物工場に転用し、従来農法の野菜とは異なる付加価値を持つ野菜のブランド化など、経営の多角化に挑戦する。なお、2015年10月27日には工場の開所式が行われる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.