> > 5インチの太陽電池セルで変換効率25.1%を達成 カネカがNEDOの事業で実現

5インチの太陽電池セルで変換効率25.1%を達成 カネカがNEDOの事業で実現

 印刷 記事を保存

10月23日、カネカは両面電極型結晶シリコン太陽電池として世界最高となるセル変換効率25.1%を実用サイズである5インチのセルサイズ(152平方センチメートル)で達成したと発表した。

太陽光発電の発電コスト低減は重要な課題となっており、変換効率の向上は、世界中の企業・研究機関が取り組んでいる。今回の成果は、大面積と高効率を両立したことで、発電コスト低減を実現する高効率結晶シリコン太陽電池の実用化に大きく寄与すると期待されている。また、カネカでは、更に大型の6インチのセルサイズ(239平方センチメートル)でも24.5%を達成している(2015年7月)。

(※全文:551文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.