> > フォルクスワーゲン問題:不正を見逃さない排ガス試験方法、日本も検討へ

フォルクスワーゲン問題:不正を見逃さない排ガス試験方法、日本も検討へ

 印刷 記事を保存

環境省と国土交通省は、ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲン社(VW)による排出ガス試験における不正問題を受け、不正に対応するディーゼル乗用車等の検査方法の見直しの検討等のため、学識経験者などからなる検討会を設置すると発表した。第1回検討会を10月28日に開催する。

VWによる不正問題は、同社が米国で販売したディーゼル乗用車等に、実際の走行では排出ガス低減装置を働かせないようにする不正ソフトを使用されていたもの。

VWグループは、米環境保護局(EPA)より9月18日に、このソフトにより、EPAの排出規制を不正に回避していたとして、大気汚染防止法による違反の通知を受けた。この不正問題が9月に発覚して以降、大きな波紋を呼んでいる。

両省は、本検討会の委員長と8名の委員も公表した。委員は下記の通り。

(※全文:605文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.