> > ルノー・日産、EV200台をCOP21に提供 パリで必要な充電インフラも整備

ルノー・日産、EV200台をCOP21に提供 パリで必要な充電インフラも整備

記事を保存

ルノー・日産アライアンスは26日、世界最大の台数となる電気自動車(EV)200台を、パリで開催される第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)に提供すると発表した。

アライアンスは、COP21のオフィシャル乗用車プロバイダーとしてEVを提供する。提供されるEVは、11月30日から12月11日までの会期中に送迎サービスに使用され、40万km以上の距離を、排出ガスを一切出さず(※)に走行する予定。会議には、世界195ヶ国から2万人以上の国連関係者が出席を予定している。

国連が本国際会議で、送迎用車両にゼロ・エミッション車もしくは100%EVを使用するのは初めて。

今回提供されるEVは、ルノーのサブコンパクトカー「ゾエ」、コンパクトカーの「日産リーフ」、日産の7人乗り商用バン「e-NV200」の3車種を予定。これらの車両は24時間体制で、ル・ブルジェにある会場間送迎に使用される。

アライアンスは、戦略的拠点において90基以上の急速・普通充電ステーションネットワークを整備する予定。充電ステーションは、フランスの電力会社EDFから供給される低炭素エネルギーを動力源とし、そのわずかに発生する残りの炭素排出分も国連のカーボンオフセットプログラムに従い、相殺される予定。急速充電器の場合、EVを0%から80%まで、約30分で充電できる。シャルル・ド・ゴール空港にある2ヵ所の急速充電ステーションに加え、オルリーとル・ブルジェの各1ヵ所を含む3分の1以上の急速充電器は、本会議後も活用される予定。

アライアンスは、2010年後半に同グループ初のEV「日産リーフ」を発売して以来、全世界で累計26万7,000台以上のEVを販売しており、グローバルに販売されているすべてのEVの半数を占めている。

200名のルノー・日産従業員がCOP21提供車両のドライバーに

これらEVは、200名のプロドライバーチームと、ルノーおよび日産から集まった200名の有志が運転する。ルノー・日産アライアンスは6月に、パリ在住もしくはパリ近郊に住む従業員を対象に、COP21に参加できる機会としてボランティアドライバーの募集を開始し、募集終了までに志願者は450名以上に上った。選ばれた200名のルノーおよび日産の従業員は、プロドライバーとともに同会議に向けて厳しいトレーニングプログラムを受ける予定。

※新欧州ドライビングサイクル(NEDC)に基づき、走行中のCO2及び規制対象の排出ガス汚染物質の排出量がゼロと認定されたもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.